クリスマスのスパークリングワインの選び方

カテゴリー: 初めての日本酒&ワイン

シャンパン

街の中はすっかりクリスマスです。クリスマスと言えば、スパークリングワインですね。
発泡していて華やかな感じが、クリスマスのイメージにぴったりです。

そんなクリスマスに合うスパーリングワインの選び方。ところで、シャンパンとはフランスのシャンパーニュ地方特産の発泡ワインのことです。

初めてならなんにでも合うのを選ぼう

「ワインって難しい」というのは、ワインには赤とか白とか、産地や種類などあったり、料理によって赤とか白とかいうので難しいのです。
料理に合うワインを選べばよいのですが、どの料理に何があうというのをイチから知ろうとすると、これまた難しくなります。

クリスマスには、いろいろな料理をいただきます。
イタリアンとかフレンチとか決めることなく、オードブルにチキンに手巻き寿司ということだってあるでしょう。
そしてケーキも出てきて、スナック菓子やらなにやらというときに、赤ですか白ですか何にしますかなどと言ってられませんね。

そこでおすすめなのが、辛口のスパークリングワイン。

辛口なので、こってりした料理にもさっぱりした料理にも合い、肉にも魚にも合います。
発泡系なので後口もさっぱりとして、揚げ物料理にもぴったりです。

生クリームたっぷりのケーキにも、ちょっと洋酒が効いたガトーショコラにも、口のなかをさらっとさせてくれます。
もたれません。

万能型の辛口スパークリングワインです。
持ち寄りパーティーでも、失敗なしです。

辛口スパークリングワインの探し方

国産なら、日本語で「辛口」と書いてあって、レベルまで書いてます。
国産なら簡単なのですが、海外のものとなると困ってしまいます。

そんな時は、ラベルをみます。

Diebolt-Vallois Brut Prestige Magnum

「BRUT」と書いてありますね。
これが「辛口」という意味です。

「ブリュット」と読み、シャンパン・スパークリングワインの辛口度を表します。

実は、スパークリングワインは「シャンパーニュ製法」という甘辛度をリキュールで調節します。
出荷前に加えるリキュールの量によって、甘辛度が違うのです。この工程を「門出のリキュール」と言います。

辛口順にならべると

Brut Nature(ブリュット・ナチュール)
Extra Brut(エクストラ・ブリュット)
Brut(ブリュット) 一般的な辛口
Extra Dry(エクストラ・ドライ)
Sec(セック) 甘口

おつまみなしでデザート感覚で飲むなら「Sec」が良いですね。
Extra Dry(エクストラ・ドライ)は、Brut(ブリュット)より辛口なのですが、Brutのほうが質が高いです。

----------

気取らない持ち寄りパーティーでも、ちょっと奮発して頑張ったクリスマス料理にも合う、辛口スパークリングワイン。
見た目もオシャレで華やかなので、おみやげに持っていくのもOK。

「どのBrutがいいの!!???」と悩んだら、ワダヤにいらしてください。
シチュエーションや料理をヒアリングして、ピッタリのワインをご提案いたします。

ワダヤ情報メルマガ登録

ワダヤから、入荷情報・季節限定商品案内・イベント情報などをお届けします。予約必須の商品情報も、いち早くメールでチェック!


品川・大井町の地酒とワインの店 ワダヤ

合資会社和田音吉商店
住所  東京都品川区南品川5-14-14
電話  03-3474-3468